仙台牛タンストーリー牛タンのことならおまかせ!牛タンの本場仙台の牛タン専門店情報満載「仙台牛タウン」

  1. 牛タウン トップページ
  2. 仙台牛タンストーリー

仙台牛タンストーリー

仙台牛タンストーリー

「仙台牛タン焼き」の誕生

 太平洋戦争が終結し、日本が復興に向けて歩み始めた昭和23年、仙台牛タン焼きの歴史が始まりました。
 仙台牛タンの生みの親「太助」の初代店主 佐野 啓四郎氏(故)が、洋食料理の中で使われていた素材「牛タン」の旨さのとりこになり、試行錯誤を重ねた末「牛タン焼き」が誕生しました。その自慢の一品を、お店で出したのが仙台牛タン焼きの始まりです。

仙台牛タン誕生秘話コーナー

”元気”勇気”美味しさ”を与える「仙台牛タン焼き定食」!

 牛タン専門店ならば必ず置いてある定番メニュー、「牛タン焼き定食」。
 「牛タン焼き」、「旬の野菜の漬物」、「白髪ネギの入ったテールスープ」、「麦飯」の組合せは、美味しさと栄養バランスが見事なまでにとれた黄金メニューとして、美食志向になった現代も全く変わることはない。

−白米の少ない時代に量を増やす努力+とってもヘルシーな「麦飯」
−栄養不足の時代に、栄養を吸収を助ける、香りの良い「白髪ねぎ」
−苦しい時代に勇気、元気、美味しさを与えつづけてきた「牛タン焼き定食」

 昭和20年代に生まれた「仙台牛タン焼き」には食料の乏しく戦後の混乱期を生き抜く為の先人達の大いなる知恵と努力、情熱と挫折、人生と涙のドラマが凝縮されている。

 現在の「杜の都 仙台」の繁栄には「牛タン焼き」の存在が少なからず影響してきた。戦後の仙台の目覚しい復興にあやかり、縁起の良い食べ物と捕らえる人々もおり、出張などで来仙した際には必ず「牛タン焼き」を食べて帰るビジネスマンも少なくない。(実際にご利益があるかどうかは定かではない・・)とにかく仙台牛タンは美味しいだけの食べ物ではないのである。

 そんな歴史も頭に思い浮かべながら食べてみると味もまた格別?かもしれない。